• HOME

しわとたるみ

目の周りの皮膚は薄くデリケートなどで、乾燥に弱く、たるみやすい場所です。目の周りの皮膚が乾燥すると、しわが目立つようになります。

皮膚の保湿力か低下すると、角質層だお互いにきちんと結びついていることが困難になって、肌がたるみやすくなるといいます。特に角質層の亀裂が大きくなると、しわになってしまいます。肌の乾燥にはさまざまな原因がありますが、アイメイクや眼精疲労なども乾燥を招くので、日頃から注意しましょう。目尻にしわができる原因は、目の使いすぎに関係ある場合もあります。

また、毎日メイクをしている分、毎日クレンジングをしていることが原因にこともあります。目元の皮膚への刺激は、肌にダメージを与えてて、乾燥しやすくなります。目尻のしわを防ぎ、目の周囲の水分をしっかり補うためには、皮膚に刺激を与えすぎないことです。

目の周りの皮膚を乾燥させないようにするには、保湿効果がある美容液や、化粧品でお肌をケアすることも大事です。保湿効果や、乾燥予防効果がある化粧品は様々なものがありますので、美容にいいヒアルロン酸やセラミドなどを肌に補いようにしましょう。

ヒアルロン酸もコラーゲンも、加齢により徐々に失われていくので、年を取るにつれて目尻には、しわができやすくなります。年齢が原因で肌の保湿成分が減少しているのであれば、保湿成分を配合した化粧水や、保湿クリームを使えばある程度は対策ができます。目尻のしわなどの肌トラブルを防ぐには、日頃のスキンケアがとても大切になります。

目尻のしわ

目尻のしわをふやさないためには、目の周りの薄い皮膚をきちんとケアすることが大事です。しわができないようにするには、日々のスキンケアがとても重要であると言われています。人間の顔は、年をとると徐々にしわが多くなります。

目尻のしわもその一つで、加齢による肌の乾燥が関わっています。目尻のしわは、紫外線などの影響によって肌がダメージを受けることや、加齢により肌の中のコラーゲン組織が減少することによって出来てしまいます。顔にある表情筋の力が弱くなると、皮膚のたるみがましてしわが増えます。

その他にもメイクをしたまま、落さずに寝てしまうなど、スキンケアを怠り続けることも目尻のしわの原因となります。目尻のしわは、一度でもできると解消することが難しいため、そもそもしわができないようにすることが重要になってきます。

普段から、紫外線ケアを十分にしておくことが、目尻のしわができないようにするためには欠かせません。季節が夏になる前から、紫外線からお肌を守るためにすべきことを一つ一つ行いましょう。日焼けどめクリームや、日傘の活用がおすすめです。

外から帰ってきたら、できるだけ早くメイクは落とすようにし、しっかりと保湿を行うことでしわやシミなどが増えることを防ぐことができます。年をとってもしわの少ない肌に憧れる人のために、目尻のしわを取り除くためのパックシートがスキンケア用品メーカーから販売されています。

日頃の紫外線対策に加えて、しわ対策に役立つ商品も積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

サプリメントでエイジングケア

サプリメントを日常的に利用している人はふえており、人気の高い商品も色々とあります。サプリメント人気の背景には、食事だけでは不足しがちな栄養が補給できることがあります。

サプリメントのコマーシャルはテレビでもよく見ますし、広告は新聞や雑誌にもよく載っています。食事のメニューや食材がワンパターンになっていると、どうしても摂取する栄養がいつも同じものになってしまいがちです。

忙しくて食事の栄養バランスまで気に掛ける余裕の無い人は、栄養が偏ってしまったり、栄養不足になる場合もあります。栄養不足が続いていることが原因で体調不良になることもあるので、必要な栄養を摂取するためにサプリメントを活用していきたいものです。

最近は、ドラッグストアで販売されているサプリメントの種類も豊富です。市販のサプリメントは種類が豊富で、人気商品から、知名度は低いけれど品質のいいものなど色々ありますので、じっくり探してみてください。

人間の体質には個人差がありますので、人気があっても自分には効果が乏しい場合があります。既に使っているサプリメントや薬との相性の良し悪しもありますので、確認しておきましょう。

サプリメントを購入する前に、医師や薬剤師などに相談することも必要です。ネットの比較サイトやランキングを見れば、人気の高いものやよく売れている商品が分かるので、購入時の参考になります。


★スキンケアのヒント

30代になったらスキンケアを変えてみる

メニュー